Macか?Windowsか?はたまたLinux?

チョコレートは明治か、森永か、グリコか?はたまたロッテか?ウケをねらってライスチョコ?...
冗談はともかく、どのパソコン、OSを使うかという、どこでもどこでも繰り返されてきた話題にここでピリオドを(たぶん打てないな)。

1.「要するに使いたいものを使いなさい」
2.「高い安いより、やりたいことが全部出来る機種を買いなさい」
3.「現状に不満がなければOSを変えないほうがいい」
-持論

自分は長いことWindowsをデスクトップPCとして使ってきました。今でもたまに使います、XP。特にダメだとか、そういうことはありません。知人にMACを強く進めることもしません。WindowsでもMacでもなんでも、やりたいこと(目的)が達せられるのであればそれで良いのです。

Windowsで満足している人はあえてMacに乗り換える必要はないでしょう。なんとなくiPODを使っているから今度買い換えるときはMacにしてみようかな...というならそれも良し。しかし、Windowsと使い勝手が違うからと、即座に「ダメだこりゃ」と言われるのを聞くと、ちょっと悲しいな。
それはそれで仕方のないことなのだけど、今使っている環境に特段不都合がなければそのまま行った方が良いです。
日本で乗り慣れない左ハンドルのベンツをレンタルして擦ったりするようなものです。

自分がMacに乗り換えて、その後も使い続けている理由。
1.画面がきれいだった。
2.ビデオ編集(iMovie)が安定+使いやすかった
3.Macにもマイクロソフトオフィスやリモートデスクトップなどがあって、特に困らなかった

Windowsに戻れない理由。
1.Unix系のコマンドプロンプトに慣れてしまった。unix系OSに慣れちゃったってことですかね。リモートでほとんどのことが出来ますから、Windowsでもそういうソフトを入れればできるんでしょうけど、やっぱ元からunixって言うのは使い出すと戻れないです。便利で。

2.DOS窓とunix環境では天と地とほどの差があって、いまではMacを使っていると言うより「Photoshop/イラレが動くunix(系OS)を使っている」という感覚。

3.ソフトウェアの構造が割とオープンですっきりしていること。何かを外したいなと思ったときに、こことここを見ればいい、とはっきりしています。Windowsは基本的にブラックボックス的なところがあるので、長く使っていくとゴミが溜まっていく感がある。偏見でしょうか?

Linux...サーバー機にはubuntuをいれるのにはまっていますが、デスクトップとしては恐らく当分使わないでしょうね。Macで足りていますから。
自分にはLinuxをはじめ、PC-Unix系のOSはサーバー用という位置づけです。
だって、Photoshop/イラレがないじゃん。Gimpあるって言うけど、使い慣れたソフトがあるのに元がただだからっていってもそれだけじゃあ、あまりありがたくない。

PC-UNIX系のデスクトップOSもサポートは有料です。
その割には、デスクトップOSとして使いたいアプリが動かない。
MacOSXは15000円ほどですが、内容的には十分その価値があると思っています。
−−−
さあ、これからコンピュータをやるぞ!
という方は、どっちでも好きなものを使えばいいでしょう。
どっちを買ってもホームページを見て、メールを出せ、年賀状も印刷できます。

ここ数年なら、ウィルスやスパイウェアはMacの方が影響が少ないでしょう。
学校や、役所のコンピュータはLinux系のデスクトップ環境がいいでしょう。
基幹業務+メールとWEBブラウズが主でしょうから、職員が勝手にソフトをインストールしづらいLinux系であれば、余計な問題を回避できます。

自分の周りは、台数的にはMacとXPが半々。家族はXP使ってますね。
家でXP使うときは最近は家族のPCを使っています。
サイトのチェックなどは、Parallels上のWindows2000を使っています。

Unix系として一時Macをデスクトップ兼忙しくないサーバーとして運用していましたが、Macは主にデスクトップとファイルサーバー。Webサーバー他はubuntu(Linux)を使うようになってきました。P3 x2、x4といった古いサーバーが数台余っているので、たいていのサイトはこれらにubuntuを入れて運用することになるでしょう。
[PR]
by vyv00411 | 2006-12-04 18:50 | Profile と ひとりごと
<< AOL無料版Kaspersky... 打ち上げ花火のスクリーンセーバー >>