カテゴリ:G4-550Mhz iMAC CRT( 4 )

TigerのインストールとCPU Director

G4-466はPanther(10.3.9)までしか入らないわけであるけどこっちはTigerが入る
ただし、さくさくインストール後何も考えずにアップデートを行うと10.4.7になってしまいCPU Director(2.3b4は10.4.6まで対応)が「このバージョンのOSでは動かんよ」と曰うのである

Tigerをインストール>CPU Directorインストール>コンボアップデートをDLしてとりあえず10.4.6に引き上げる
(その後10.4.7にアップデート可かどうかは、今後時間を見てやってみよう)
手順としてはこんな感じ

さて、Tigerのインストールであるが普通は内蔵のDVDドライブからインストールするよね
しかし...何度もやっているともっと速く作業したいと思うわけです
そこでやってみたのが、eMAC(G4-1.25Ghz)とこのiMACをFireWireケーブルで繋いでですね...iMACをeMACの外付けHDとしてTigerをいんすとーるしてみようじゃないかという試み
結論的には見事成功を収めるわけでありますが、実際どれだけの時間短縮ができたかは神のみぞ知るところとなったのであります

では早速やり方です
1)iMACをコマンド+Tを押しながら起動する...と、いかにも安っぽい紫色の背景に黄色いFireWireのマークが現れる、しかもスクリーンセーバー風にだ
2)このときeMACの電源は落としておく
3)eMACとiMAC(紫色のターゲットモード中)をFireWireケーブルで繋ぐ...が、できるだけ短いケーーブルがいいよ
4)eMACにTigerのインストールDVDを入れながらDVDから起動(電源ON後すかさず、DVDを入れ、Cキーを押すってことですね)
5)普通にインストール画面を進めながら、インストール先にFirewireドライブとなったiMAC(単に外付けHDとしてデスクトップ上のアイコンになっている)をしてする
これだけである
必要があれば、インストールを進めている途中でディスクユーティリティなどでそのドライブを初期化してもよし、2以上のパーティションに分けてもよし...である

体験者の感想としては「機械があれば」(機械とはeMACがあればの意)またやってみたい、である

インストールが終わったらケーブルを抜き、iMACを単体で起動する

余談だけど、ターゲットモードはディスクを丸コピーしてバックアップしたり
必要なファイルを別のマシンへ移したりと、極めて有効活用できる使い方である
できれば、VAIOのBIOSにも真似してほしかったね
[PR]
by vyv00411 | 2006-07-23 16:08 | G4-550Mhz iMAC CRT

G4-550Mhzを使ってみて-Tiger 10.4.6-

Slot-LoadingのiMACもFastMacの手にかかるとG4-550Mhzになってしまう
2005年春は今ほどマザーボードが入手しやすく無かったこともあって、やってもらったのは1台だけ、それが今動いている赤いiMACである
---
進化度的にはG3-233がG4-466になるほどでは無いものの
-FireWire
-ファンレス(換装後も)
-最大メモリ1GB
-コマンド+T(ターゲットモード)起動
-(一応)Tigerが動く、DVDが見れる
-8GBパーティションを切らなくて良い

がある点で、両方比べてみるとこっちの方がより長く、またさせられることが多い
ただ、Rev.A-Dと異なりCPUボード=メインボードで、送ったり送り返すにはちょっと大きい...など実現するにはちょっと敷居が高いかもしれない
(自分は出張で行った際に手持ちで持って行って、手持ちで持って帰ってきた)

ただね...実際にバリバリ使うマックはにあるわけで...そう言う意味で中途半端に性能が良かったりするのも用途として困ったりする
G4のサブマシンとしてのマックならG4-466ぐらいで費用的にも内容的にも落としどころとしてGoodじゃないかと本心から思う
なので、このブログを書き上げた後はオークションで出品予定である
[PR]
by vyv00411 | 2006-07-23 15:46 | G4-550Mhz iMAC CRT

スロットローディングも550Mhzへ

久しく書いてませんでしたが、NEWS!
パーツ交換が難しいと言われていた、スロットローディングタイプのG3-iMACがFastMAC社でアップグレード可能になりました。手元に戻ってきたマザーボードを早速装着してOSをインストール。無事Pantherで使えております。G3-233Mhz>450Mhz版に比べてメモリもHDへのアクセスもベンチマーク上高速化しています。
FireWireも使えるのでTigerもインスト可だけど、ちょっと無理っぽい。
実用的にはTigerはG5で使いましょう・・・と自分は思っています。
G4x2(1.25Ghz)にもTiger入れてますが、Pantherで良かったと思っている今日この頃。
GUI周りの使い勝手はPantherであるレベルへ到達したと思う。
Dashboardもいくつかあるとちょっと起動が遅いよね。
仕組み上仕方ないかなと思うんだけど、どうしても無けりゃ困るアプリでもないし。
よく使う電卓は独立したアプリでも良いかと思う。
---
G4-55MhzになったiMACはDIMMスロット2本に512MBをさして1GBにできろ。
CRTだが、コンパクトなG4マックしかもPantherが走る実用マシンになるのだ。
十分行けるマシンと自分は思うよ。
[PR]
by vyv00411 | 2005-06-06 16:44 | G4-550Mhz iMAC CRT

CPUボード

2月15日から再びサンノゼ。FASTMAC社へ持っていくCPUボードが数枚手元にたまってきた。だいたいオークションで手にしたもの。動作確認をして持っていく。基本的にはRev.A-DのCPUドーターボードをG4へ換装してもらうのだけど、DV系のマザーも2、3枚持っていく。DV系もアップグレード可能ということで、いろいろ相談して決めてきたい。どのような話ができるか楽しみである。
[PR]
by vyv00411 | 2005-02-10 13:10 | G4-550Mhz iMAC CRT