カテゴリ:LEOPARD 10.5 preview( 2 )

起動した

iMACの画面だから、ちょと見づらいが...
a0028791_22194554.jpg

システム環境設定は Time Machine が追加、Expose に Spaces が加わった
a0028791_22205546.jpg

一方、アプリケーションでは、Expose、 Photo Booth、Spaces、Time Machine が Tiger から追加されている
[PR]
by vyv00411 | 2006-08-17 22:24 | LEOPARD 10.5 preview

LEOPARD インストール

eMAC(G4-1.25G)にG4-550MhzにCPUを換装したiMAC DVをターゲットモードで接続してインストールしてみました。結果的には、eMACでも、iMACでも動作することが確認できました。
a0028791_12171612.jpg

ブートには結構時間が掛かります。ゆっくりコーヒーでも入れ、トイレに行ってちょうど良いくらいです。
Tigerではここで、メインにする言語を選ぶのですが、英語しか表示されていません。
とりあえず先へ進めます。
a0028791_12195844.jpg

インストール画面は Tiger とそう変わらず...
a0028791_12213298.jpg

ここも特に変わった様子は無し
a0028791_122051100.jpg

言語をJapaneseにしてみると、使用許諾契約と言語の部分は日本語になるものの本文は英語のまま。Preview版ですからね。
a0028791_12235791.jpg

インストール先のディスクを選ぶ。FirewireでターゲットモードになったiMAC内のドライブ、いわゆるFirewireの外付けHDのウチ、30GBの方を選ぶ。
a0028791_12252753.jpg

すでに Tiger 10.4 がインストール済みなので、消去してからインストールを選択する。
a0028791_1226153.jpg

次の画面で6GB必要です、と表示される。フルインストールで必要な容量は10.4と変わらない。
左下の カスタマイズ を選択。
a0028791_1228612.jpg

デフォルトで選択されている項目
a0028791_12284488.jpg

2.0GBもあるプリンタドライバを外して、言語から日本語を選択すると、必要な量は4.1GBになった。
a0028791_1230546.jpg

新しく備わった タイムマシーン ですでにインストール済みの旧システムまでバックアップできるようだ。
この後、インストールが始まり終了+再起動、Tigerの時と同じ(だったはず)のオープニングビデオが流れ、ユーザー情報入力画面へと続く。
一部のWEBサイトでブルースクリーンが出るなどという情報があったが、ウチのeMACとiMAC(G4-550だけど)では無事に起動している。
[PR]
by vyv00411 | 2006-08-17 12:34 | LEOPARD 10.5 preview