カテゴリ:Parallels( 1 )

Parallelsがすごいことになって・・・

MacOSX上で仮想マシンを動作することが出来る=Parallels=ですが、登録ユーザーになって半年が過ぎました。前回のBuild1970あたりでも十分な自分ですが、相当バージョンアップして 'Parallels Desktop 3036 Mac en.dmg' がダウンロードできるようになっています。すでにあちこちのblogでも紹介されているので、ここで詳しくは書きませんが、早速試してみたことを記録しておこうと思います。

いろいろ盛りだくさんの内容ですが、その中でも稼働中のXPをそのまま仮想ディスクにして持ってこようという機能=Paralllels Transporter。

私、Parallelsに入れているのはWindows2000です。なぜって、軽い=起動が速いのとMacで出来ることはMac上でやっているので、どうしてもWindowsじゃないとダメなものぐらいしか動かさないからです。

そうはいっても、ネイティブで動かす必要のあるばあいのためにXPの入ったP4マシンがあります。それならこれを移行してみようと、日曜の夜に作業を始めました。

ステップ1:XPを起動して、ここ(http://forum.parallels.com/thread5999.html)
に書いてあるこれをダウンロードしてインストールします。

ステップ2:(再起動は必要なかった?ような気がするけど不確か)続けて、Parallels TransporterをXP上で起動します。
質問にどんどん答えて先へ行きます。Expressともう一つ選ぶところがありますが、Express(推奨)の方は、起動ディスクを仮想化の対象にしてしています。従って、特殊なパーティションにわけてない限りは、こちらでOKです。
ディスクイメージを作り始めますが、この先は容量によって時間が結構かかります。
15GBあったので、自分はそのままほっといて寝てしまいました。

ステップ3:朝になって見てみると終了していました。そのままMigrationを進めます。

ステップ4:MacOSX上でParallels Transporterを起動して進めていきます。(うちのXPとMacは同じLAN上にあります)すると、Migration対象が表示されます。それを選んでGOします。
ここの部分もそれなりに時間がかかりますが、イメージ化よりは遙かに短い時間で終わりました。
Migration終了後、Parallelsを起動します。

ステップ5:Parallels内でXPが起動していくのですが、自分の場合複数のハードウェアプロフィールをがあり、起動時にどれか選択するようになっていますが、その画面もちゃんと出ています(当然?)。すごい。
XP起動後、DOS窓のなかでドライバ関係のことをごにょごにょやっているようです。ドライバファイルを検索しに行く画面が出ますが、自分はキャンセルで先へ進めました。
その後、Prallels Toolsのインストールがあり、終わると再起動を求められます。

ステップ6:再起動後、さっきまで動作していたXPがParalllelsの中で、MACで動いているのを見るのは、妙な感じです。

以上、操作は、スムーズに行けば初心者でもできるレベルです。
会社のXP(P4)も同じようにやってみましたが、unable to initialize data ...とやらのエラーメッセージが出て先へ進めませんでした。
PertitionMagic8が入っていたので、それをアンインストールして再度TRYしてみましたが、同じエラーで先へ進むことは出来ませんでした。
たぶん、パーティションがいじってあると現時点ではうまくいかないのかもしれません。

新しいXPを少し操作してみて、Coherencyモードっていうんですかね...MacOSの画面の下にWindwosボタンとのタスクバーが表示されている...という状態で...そのWindwosボタンを押してメニューを出してMacOSXの画面上でWindowsアプリを動かすということができます。
いちいち画面を切り替えなくて良いという点はありますが、自分の場合そこまでWindwosアプリを使わないので、これは使わないかもしれません。

他にも、VMWare/VPCの仮想ドライブをParallelsで使えるようにしたり、XPの入っているパーティションから起動したり(?)など出来るようです。
この先、2D/3Dアクセラレーションも行けるようにするようなアナウンスが出ているようです。
自分としては、メインはMACOSXへ移行済みなので十分すぎますが、WindwosメインのユーザーにMacへの強烈なSwitchを促す製品にしていこうという勢いを感じます。
PC上のParallelsは対抗製品としてVMWareなどの強力なアプリケーションがあるので、ビジネスとして成立するのはとりあえず今のところMAC版でしょう。

製品の方向性を見ると、ParallelsはApple Computerの一部門になるのは時間の問題、という気がしてきます。
これだけ短時間に完成度が高くなった希有なソフトです。Vistaを意識せざるを得ないAppleとしては、Vista対抗の武器にしたい製品でしょうな。

http://forum.parallels.com/はこの24時間でずいぶんな数のスレッドが立っているようです。ホリデイシーズンで北米ではどっぷりパソコン漬けになっている人も多いんでしょう。

また、入手できた人はWii漬け、PS3漬けでしょうか。
[PR]
by vyv00411 | 2006-12-04 16:04 | Parallels