<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

iMAC G4-550 がヤフーオークションに

iMAC G4-550 がヤフーオークションに出品されてます

自分も使っていますが(Leopard インストールで登場)、Fastmac社のCPU換装ロジックボードをお持ちの方が日本にも居たんですね(異端ですね)。

CPUボードと言われるものが、Fastmac社の
iMAC(トレイローディング)では、オリジナルのCPUドーターボードからCPUとL2キャッシュメモリを外して交換したものをさす。
iMAC DVやiMAC 350など(スロットローディング)ではロジックボードからCPUとL2キャッシュを外して交換したものをさします。

前者はCPUドーターボードが小型であり、外すのも比較的簡単
なのに対し
後者はCPUボード=マザーボードなので、外すの大変、しかもでかい

どっちも外したものを基本的にFastmac社へ送らないといけない
(最近は換装後のものが直接買えるそうなので楽だがその分割高)

ただ、CRT iMACをG4化できるので、やりたい人にはこれ以外に選択肢がない
まさか、LeopardのPreview版が動くとは思わなかったが
息の長い実用機にすることができる

iMACの使い勝手の良さは、知っている人にしかわからない部分があり万人向けでは決して無いのだが、使いやすくどっか近くにおいておきたいマシンである

いくらで落札されるか興味深い

当該のヤフーオークション
[PR]
by vyv00411 | 2006-08-28 15:35 | macあれこれ

起動した

iMACの画面だから、ちょと見づらいが...
a0028791_22194554.jpg

システム環境設定は Time Machine が追加、Expose に Spaces が加わった
a0028791_22205546.jpg

一方、アプリケーションでは、Expose、 Photo Booth、Spaces、Time Machine が Tiger から追加されている
[PR]
by vyv00411 | 2006-08-17 22:24 | LEOPARD 10.5 preview

LEOPARD インストール

eMAC(G4-1.25G)にG4-550MhzにCPUを換装したiMAC DVをターゲットモードで接続してインストールしてみました。結果的には、eMACでも、iMACでも動作することが確認できました。
a0028791_12171612.jpg

ブートには結構時間が掛かります。ゆっくりコーヒーでも入れ、トイレに行ってちょうど良いくらいです。
Tigerではここで、メインにする言語を選ぶのですが、英語しか表示されていません。
とりあえず先へ進めます。
a0028791_12195844.jpg

インストール画面は Tiger とそう変わらず...
a0028791_12213298.jpg

ここも特に変わった様子は無し
a0028791_122051100.jpg

言語をJapaneseにしてみると、使用許諾契約と言語の部分は日本語になるものの本文は英語のまま。Preview版ですからね。
a0028791_12235791.jpg

インストール先のディスクを選ぶ。FirewireでターゲットモードになったiMAC内のドライブ、いわゆるFirewireの外付けHDのウチ、30GBの方を選ぶ。
a0028791_12252753.jpg

すでに Tiger 10.4 がインストール済みなので、消去してからインストールを選択する。
a0028791_1226153.jpg

次の画面で6GB必要です、と表示される。フルインストールで必要な容量は10.4と変わらない。
左下の カスタマイズ を選択。
a0028791_1228612.jpg

デフォルトで選択されている項目
a0028791_12284488.jpg

2.0GBもあるプリンタドライバを外して、言語から日本語を選択すると、必要な量は4.1GBになった。
a0028791_1230546.jpg

新しく備わった タイムマシーン ですでにインストール済みの旧システムまでバックアップできるようだ。
この後、インストールが始まり終了+再起動、Tigerの時と同じ(だったはず)のオープニングビデオが流れ、ユーザー情報入力画面へと続く。
一部のWEBサイトでブルースクリーンが出るなどという情報があったが、ウチのeMACとiMAC(G4-550だけど)では無事に起動している。
[PR]
by vyv00411 | 2006-08-17 12:34 | LEOPARD 10.5 preview

Apple Pro Keyboard を分解掃除する

Apple Pro Keyboardを愛用している。US配列版。KVMを使って一組のモニタとキーボードでMACOSXとXPの両方をこれで使っているが、すこぶる操作性が良い。
欠点があり、それはゴミの入りやすい構造であること。
透明なプラスチックのケースでカバーされているが、ゴミが入るとまず出てこない。
しかも、裏側まで廻ってしまうと、あまりじろじろ見るものではないが見栄えが悪い。
ちょっと曇りではあったが、キーボードも引っかかるような感じがしたので良い機会と思い、掃除をすることにした。以下、備忘録がわりに書き留めておく。
---
a0028791_18361182.jpg

せんべいの欠片のようなものが見える(クッキーか?)
a0028791_18365778.jpg

細かいゴミが裏側全体に...
a0028791_18374116.jpg

使う工具は元祖100円ショップ「ダイソー」で調達。
細い六角レンチと、精密ドライバーセット。もちろん100円ずつ(105円か)。
良い道具がないと良い仕事はできない。安いけど、サイズの合わない工具を使うと必ず後悔するハメになるので、道具はちゃんと用意しよう。
a0028791_18403421.jpg

1.3mmの六角レンチを使い、まずスクリューを4個外す。
a0028791_18414279.jpg

こんな感じね。
a0028791_18441980.jpg

表の外装を外すと、汚れているのが良くわかる。
a0028791_1845168.jpg

キートップをを外すとどれだけ汚くなっているか歴然!
こんなにバッチィくなっていたとは...
a0028791_18471243.jpg

隠れたところにスクリューが一個ある。
こんな感じにカッターでシール部分を削って外した。
a0028791_1848318.jpg

基盤部分。
a0028791_18491549.jpg

カーブした鉄板に無数(というか多数)の小さいねじが...
これも一つずつ外す。
a0028791_18502444.jpg

すると、接点のプリント配線シートが見える3枚構造で一カ所で圧着されてずれないようになっている。圧着部分がとれないように、それから汚さないように扱う。
a0028791_18521871.jpg

キートップの土台部分。なまじ色が白いので汚れがはっきりする。早くゴシゴシしたい。
a0028791_18532315.jpg

白い半透明なシリコンゴム(?)製のクッションと、caps lockとnum lockのLED(2個)。無くさないように扱う。
a0028791_18552673.jpg

洗い終えて、乾燥させた土台をひっくり返してクッションゴムをセットする。
a0028791_18563563.jpg

LEDと接点となる電導ゴムもこうやって元通りに。
a0028791_18573495.jpg

プリント配線シートも位置あわせの穴にあわせてセット。
a0028791_18581449.jpg

鉄板を載せて、小さいスクリューで止める。
a0028791_1859813.jpg

基盤もスクリューで止める。デジカメで写真を撮っておくと後でどのスクリューを使ったか確認できる。携帯のカメラでも良いからマメに記録を残しておくと便利。
a0028791_1905683.jpg

キートップを元に戻して
a0028791_1911551.jpg

カバーを元に戻して、終了。
今回は全分解のオーバーホールになったが、鉄板を外さなくても(水洗いはできないが)十分きれいにすることはできる。
外した、キートップはぬるま湯に中性洗剤(いわゆるママレモン)を溶かしてじゃらじゃら洗う。結構汚れているらしく水が濁った。
土台の白いプラスチックはたわしで洗剤をつけてゴシゴシ...
すぐにきれいになる。
ゆっくりやっても半日仕事。
天気の良い、うちにいる日はキーボードでも掃除してみるのも良い過ごし方では?
[PR]
by vyv00411 | 2006-08-14 19:05 | 晴れた日はキーボードの掃除を