改めてiMAC rev.BにFastMacのG4-466を(キャッシュの設定)

無事、OSが入ったらキャッシュを有効にしてキャッシュの動作クロックを設定します
CPU Director2.3b4をここからダウンロードして、解凍して、アプリケーションでもいいし、どこかローカルのドライブにコピーしておこう

フォルダをクリックしていくと写真のようなアイコンがあるのでダブルクリックで起動
「なんちゃらがインストールされてないけどインストールする?」って内容のメッセージが出るのでインストールボタンを押す
次に(たぶん)エラーメッセージが表示されると思うけど気にせず再起動しよう
a0028791_1248197.jpg

再起動したら、もう一回CPU Directorを起動する
すると写真のような設定可能な画面が出るはずなので、写真のように設定しよう
大事なことは二つ
1)「キャッシュを有効=enableにする」
2)「キャッシュスピード(CPUクロックとの比率)」を設定する
私の場合は「2:1」(つまり466Mhzの1/2ね)にしているが、それ以上だとフリーズしてカーソルが帰ってこなくなる場合がある
その場合はハードリセットしかない
あまりアグレッシブにならないように...たいていの場合コンピュータに求められるのは短時間の高性能より安定性
設定したら、もう一度再起動する(これが最期、これ以上再起動しなくていい)
---
OS9について...OS9(英語版)にCPU Director2.3b4や2.1を入れて動作させてみたところ、エラーを吐いてちゃんと動いてくれないようだ
以前は動いてたんだよね
そのときのCPU Directorのバージョンは1.5f6だったかな
残念ながら今、探しているんだけどどこからダウンロードできるかわからない
FastMacさんにもお問い合わせ中だけど三日目になるが返答なし
OS9での安定運用についてご存じの方は是非コメントで情報提供お願いします
[PR]
# by vyv00411 | 2006-07-23 12:46 | G4-466Mhz iMAC CRT

改めてiMAC rev.BにFastMacのG4-466を(OSXインストール)

新しいCPUを入れたら、新しいOSを入れよう
自分はOS8.6とかOS9.2.2とか原則的に全く使わない人なので、ここは基本的に10.3をCDからインストール(10.4は残念ながらクリーンインストールはできない、今の時点で10.3=Pantherで困ることはない、WEBサーバーやその他のプリケーションも実用的に十分使えるし、インストールサイズも小さい)

難しいことは無いが、知っておいた方が良いこと二点
1)「起動ディスクのパーティションは8GB以下にする」...Rev.A-DのiMACはブートするHDのパーティションが8GB以下という制限というかお約束がある
従って、30GBのHDを入れてしまった私は、インストールの途中でディスクユーティリティを実行>パーティションを二つに分け>最初のパーティションサイズは8GBに
しかーし、実際は7.78GB位にしないとインスコさせてもらえなかった(泣

2)「インストール先を選んだ後、必ずカスタマイズ」...ボタンを押して、インストール内容を編集しよう
「次へ」、とか「実行」とかつい押してしまいがちなインストール画面だけど、何も考えないと4-6GBほど食われてしまう上に、ほとんど使うことのないプリンタドライバや言語環境のインストールのために時間も余計にかかってしまう
特に、最初のインストール時は、L2キャッシュが効いてないために速くなったCPUの恩恵はあまり受けられない
必ず、カスタマイズを行おう...
 その1)プリンタドライバ ==>全部外してOK
 その2)言語環境 ==>全部外すと、日本語だけになる(これでOK)
 その3)インストールするアプリケーション ==>たいていのものは後からアップデートで入るので外しておいてOK、iTunesやQuickTime、X11などは後から最新版を入れることができるので外しておいて良いと思う(私は基本的に外しまくるので、1,8GB程度)
(画像が無くてごめんね、今度撮っておきます)
[PR]
# by vyv00411 | 2006-07-23 04:50 | G4-466Mhz iMAC CRT

改めてiMAC rev.BにFastMacのG4-466を入れてみる

先週、持っていたFastMacのiMAC rev.A-D用のアップグレード済みCPUボードが落札されたのを機会に、おそらく数はそう多くはないであろう新たな同士?の参考になればという思いを込めつつ、物忘れの激しい最近の自分のために記録しておく

要するに、iMAC(A-D)にG4-466に換装されたCPUボードをインストールするのである
ハードウェア的には、
a0028791_440115.jpg
1)iMACをひっくり返し、ねじを一個外す
a0028791_4403539.jpg
2)プラスチックの裏蓋をバコッと外す
a0028791_4404438.jpg
3)メインユニットを固定しているねじを二個外す
4)メインユニットを引っこ抜く
5)CPUボードを新しいのに交換する(ヒートシンクも忘れずに)
何度見ても頼りなさそうなヒートシンクであるが、新しいG4はG3より発熱しないらしい...(by FastMacの某女性スタッフ)
[PR]
# by vyv00411 | 2006-07-23 04:41 | G4-466Mhz iMAC CRT

香港

香港である。急遽、所用のためちょうど一年ぶりに香港へやってきた。
去年も同じ用事だったが、そのときはバンコクから飛んできて前日の夜に到着し、一泊して翌朝用事を済ませ、午後一番の便でバンコクに戻った。
買い物もせず、特にこれと行って食事をしたわけでもまして観光などしなかった。
今回はUAで成田からだが、午後9時15分に到着。ホテルも予約していない。
入国手続きのカウンターの手前にあるトランジットエリアでiBOOKを広げてネットのチェック。PCCWを発見。電波の強さはメリット5。ブラウザを開くとPCCWのwelcomeページが。料金は24時間$80HK=1200円。安い、と思う。街のネットカフェより安いと判断して申し込み。SKYPEで通話も無問題の回線品質でした。
ーーー
やはり仮眠をしようかと、上の(6F)仮眠施設へ行こうとするも上の階に行くにはボーディングパスが必要とのこと。まあ、当然ですわな。
日本でEASYチェックインなるもので発券してしまった私は、HKG-SGNのボーディングパスが手元にないんですな。
結局、トランジットエリアのベンチで一夜を過ごすしかなくなってしまったのであるが、電源も確保し(ちなみに220Vで形状も日本とは異なります)、まあ、その部分については快適。
周りには多くはないが、同様の人たちが数組既に横になって休んでいる。
彼らは想定範囲内の行動であるかのように「毛布」にくるまっている。
電源やモデムの変換器は持ってきたのであるが、毛布は持ってこなかった。
ビジネスクラスに乗ってきて空港に着いてからベンチで横になるとはまさか思わなかったのである。
とはいえ、もともと街のネットカフェで机に突っ伏して眠るかもしれないと最悪の予定は想定していたので、長いすがあるのはまだましか。
せめて、機内用に普段持ち込む長袖Tシャツを持ってくれば良かった。
しかしこの日本の暑さと、さらに南下する旅を考えると「不要」であると判断してしまった。さすがに冷房の良く効いた空港内は肌寒いモノである。
ーーー
空港も1時半を廻って残りの到着便も3便を残すだけ、あちこちで工事の音がし始めた。さすがに眠くなってきた。風邪を引かないように眠りたいと思う。

a0028791_33338100.jpg

[PR]
# by vyv00411 | 2005-08-05 02:48 | 海外あれこれ

スロットローディングも550Mhzへ

久しく書いてませんでしたが、NEWS!
パーツ交換が難しいと言われていた、スロットローディングタイプのG3-iMACがFastMAC社でアップグレード可能になりました。手元に戻ってきたマザーボードを早速装着してOSをインストール。無事Pantherで使えております。G3-233Mhz>450Mhz版に比べてメモリもHDへのアクセスもベンチマーク上高速化しています。
FireWireも使えるのでTigerもインスト可だけど、ちょっと無理っぽい。
実用的にはTigerはG5で使いましょう・・・と自分は思っています。
G4x2(1.25Ghz)にもTiger入れてますが、Pantherで良かったと思っている今日この頃。
GUI周りの使い勝手はPantherであるレベルへ到達したと思う。
Dashboardもいくつかあるとちょっと起動が遅いよね。
仕組み上仕方ないかなと思うんだけど、どうしても無けりゃ困るアプリでもないし。
よく使う電卓は独立したアプリでも良いかと思う。
---
G4-55MhzになったiMACはDIMMスロット2本に512MBをさして1GBにできろ。
CRTだが、コンパクトなG4マックしかもPantherが走る実用マシンになるのだ。
十分行けるマシンと自分は思うよ。
[PR]
# by vyv00411 | 2005-06-06 16:44 | G4-550Mhz iMAC CRT

ショップ

今日の午前中はお客さんが先に日本へ帰るので、それまでなかなか閉店時間までに寄れなかったアップルコンピュータ本社のカンパニーショップへ行くことにした。
10時開店で、ちょっと前に現地集合。10時入店。
前回(1月に)見なかった名刺入れなどを発見して喜びつつ、小物を持ってレジへ。
(実は先月もあったのかもしれないが、気づかなかった)
来月も来るので買いすぎないよう自制。
そこでお客さんとは別れて、MACのUSBキーボードを探しにMAC Proへ。
キーボードをいくつか買って目的を果たし、先日お茶の先生に差し上げてしまったコードが本体に収納できるオプティカルマウス(Kengington)も購入。
会社へもどりつつ、Wierd Stuffへ。
とりあえず店内をぐるっと廻って、会社で使うホイールマウス(マイクロソフト製)、オーディオ用光ケーブル、もしかしたらWiFiカードのアンテナコネクタになるかも・・・というケーブル、他を買う。
MS製のホイールマウスはホイールボタンが柔らかく、回している最中につい押してしまうということを忘れていた。今これ書きながら使っているけど、使いにくいかも。やっぱLOGITECH製にしておくべきだった。2.95だったのでイイけど。
そうそう、Skype用にSun Microsystem社のアナログマイクロホンも購入。
いろんなジャンクが出ているが、場所柄かSUNや、HPやたくさんのMACや改造済みアップグレード済みマックや...いろいろ出てます。
[PR]
# by vyv00411 | 2005-02-19 15:35

好きな環境あれこれ

[キーボード]
US配列キーボード。中学生の時にBCLにはまり、受信報告書を作るためにお年玉でオリベッティの一番安いタイプライターを買った。タイピング練習というものがあることすら知らず、使い方だけ覚えて打ち始め、ブラインドタッチはできないけどキーの位置は指が(だいたい)覚えてくれた。その後APPLE][コンパチ機を多々触るようになって、そのとき完全にUS配列キーボードに慣れる。プログラム書いたりしたので、いわゆる命令語に関してはブラインドタッチだったんですけどねぇ。
なので、今でも極力US配列キーボードを使う。現時点で SONY VAIO Z505CR/K と 同じくVAIO GR-5F だけがJIS配列。できれば、これらのUSキーボードを入手して交換したい。

2006-09-26追記:GR-5Fは無事愚息の元へ旅立ちました(めでたし♪)。

(つづき)
MACも何も考えないと、日本ではJIS。出張で米国に来るとあたりませだけど皆US配列なのでうれしくなる。いまさらだけど、特殊キーの位置は同じにしてほしかった。
世界の中の日本人を育てるのなら、今からでも遅くないからキー配列を世界標準にしようよ。後世からは「英断」と評価されると思う。
[PR]
# by vyv00411 | 2005-02-19 15:00 | Profile と ひとりごと